やはり、ダイエットは必須です。

あなたの若返りたい年代、あの頃に戻りたいと思うのは何歳ぐらいの自分ですか?おそらく大半の人がその年齢の時の自分より体重が重たいはずです。年を重ねると代謝も悪くなり若い頃のようにベストの体重を保つのは、大変難しいです。僕の場合、体重減少の壁があり目標体重(戻りたい自分の年齢時の体重)にいつも2キロ届かず5キロ痩せては5キロ太るを繰り返しています。ただ5キロ増えた状態でも健康診断などでは普通の判定になるのでなんとかキープ出来てはいます。

さて、肝心の顔ですが、女性なら約6キロ、男性なら約7キロ体重を落とさなければ変化が見られないとされています。それほど一度、顔についた脂肪を落とすのは困難になります。

エルセーヌ「やせる道場?」エステ体験行ってみた!

顔の脂肪には大きく二つあり、頬についてるメーラーファット、老化によりこめかみのあたりから落ちてくるバッカルファットがあります。顔に脂肪がつく場合、特にメーラーファットが肥大します。美容外科などのリフトアップの施術は、ほとんどこのメーラーファットを斜め上に引っ張り上げる事になります。これは一概に肥大したからたるんだというものではなく、表情筋の老化に伴った筋力の低下による、たるみも加わっています。

若い頃より大きくなった頬を施術により上にあげると頬骨辺りにボリーュウムが出すぎてしまい人によっては太った、もしくは顔がむくんだ印象になってしまう事があります。また、重さがある分、同じバネに一方には軽い錘、もう一方には重い錘をつけると重い錘を付けたバネの方が先に伸びてしまい引っ張る力が弱くなるのと同じでせっかくの施術の効果が持続期間が短くなってしまいます。

以上の事からやはり、ダイエットをしメーラーファットを小さくしてからリフトした方がより良い結果が得られます。(また、脂肪を溶かして小さくするBNLS注射というものもあり、うまく組み合わせると良いと思います。このBNLS注射、僕はしたことがありますので近いうちに体験談を記載するようにします。)施術をしないにしてもメーラーファットが小さくなることにより法令線が薄くなるのも期待できます。ダイエットは本当に苦しいですが、ある意味お金をかけずに出来る一番コスパの良い若返りかもしれません。僕も日々頑張ってます。一緒に頑張りましょう!