スプリングスレッド(ダーマ針)

今回の体験談はスプリングスレッド、ダーマ針による施術です。一時期、ショッピングスレッドという名前で流行したことがある施術で現在は目の周り専用など様々なバリエーションがあります。ショッピングという呼び名は買い物ついでに、ダウンタイムなしで気軽に出来るというのでこの名前で呼ばれていたのだと思います。韓国で施術すると安くできるらしく、日本人が観光ついでによく施術していたと聞いたことがあります。僕が施術した事があるのが、挿入する糸がコイル状に巻かれてスプリングの様になっているスプリングスレッド、それと糸自体は、まっすぐですが、糸にビタミンCが含まれており美肌や肌に潤いを出す作用が1年半持続するというビタミンリフトです。それぞれ別のクリニック別の日に行いました。まずはスプリングスレッド、こちらは頬の法令線に片側10本、両方で20本行いました。クリニックのホームページを見るとリフトアップを期待する記載になっており、期待に胸を膨らませクリニックに行きましたが、ドクターからこの糸自体ではリフトアップは、ほとんどなく土砂崩れを防ぐために土台を強固にする為のようなものであり、老化予防の施術だといわれました。ただ糸を入れた部位の周りを肌が補修する際にコラーゲンを生成し美肌に効果があるとの事でした。多少、ショックでしたが、せっかくクリニックに来たので施術していただきました。施術後は腫れもなく、よく見ると針の跡がある程度で、針の跡も知らない間にわからなくなっていました。コンシーラーとかで隠せるレベルでした。効果ですが、先生がおっしゃった通り、劇的な変化はありませんでしたが、少し法令線が薄くなったような気がしました。自分の中でお試しという気持ちがあったので本数を少なくし部分的にしか入れなかったので、もう少し本数を増やせば増やした分、効果があるのではと思いました。ただ、効果の持続という点では半年ぐらいなのではないかと体感しました。なので、どちらかというとガッツリ施術して劇的な変化というのではなく、ダウンタイムもほぼないので、エステ等に定期的に通われている方が一度、施術してみて良ければエステ感覚で定期的に施術するのが良いのかなと思います。

次はビタミンリフトです。こちらはnコグという溶ける糸でのリフトアップの補助として目の下あたりに受けました。また後述しますが、糸によるリフトアップはミッドフェイス、顔の真ん中や目の下あたりの皮膚が薄いところは施術が難しく、こういった短い糸を組み合わせて施術することが多いのです。本数は片側12本ずつの24本を予定していたのですが、先生が間違えて、サービスしとくね。とおっしゃって多分、片側18本の36本になりました。ラッキーでした。笑 こちらは目れの下ということもあり、うっすら内出血があり、3、4に日後に肌が黄色になり、その後、3日ぐらいで元の肌色に戻りました。腫れに関してはnコグの腫れが少し出ていたので、単体での腫れはわかりませんが、狭い範囲に多めに挿入したので多少はあったかもしれませが、周りの人が見ても気が付かないレベルです。このダーマ針による施術はあまり腫れたりしないのが長所の一つかもしれません。コンビーネーションの施術なので一概には言えませんが、目の下あたりにボリュームが出た気がします。ビタミンCが出続けるとの事でしたが、肌質には、無頓着だったのであまり効果は感じませんでした。こちらも、やはりリフト効果、肌質の改善はやはり半年ぐらいだと思うので定期的な施術をした方が良い結果がでる施術だと思いました。

前の記事

自己紹介